心の旅詩 -あるがまま-

「人生の目的」の一つに、 心の旅、があると思います。 日々「心が感じたこと」を、 あるがままに書いていきます。(ツイッターも始めました。@CocoroTourist )

青空の下、ライラックが咲く

青空の下、

ライラックが咲いている。

 

ある日の広島の風景だ。

 

静かにたたずむその場所は、

多くの人が喜んだ。

 

高速道路とのコントラストも

なかなかに良いものだ。

 

遠くの方には、

雲がたくさんあって灰色の空が見えた。

 

 

 

 

 

 

飛行機雲とリフレイン

あの時の言葉を思い出せないんだ。

 

君だけが知っている。

 

見上げれば、飛行機雲が曲線を描いている。

 

なんともいえないリフレインなのか。

 

近くでは、だれかがバードウォッチングをしている。

 

ある日の、小さくて白い河原の光景だった。

気球に乗って

気球に乗って、

地球を一周旅行だ。

 

飛び立つ思いと、

もどかしさも連れて。

 

掌に力をいれて、

ぎゅっと握りしめる。

 

大海原にさしかかると、

さすがに恐いものである。

 

絵具がこぼれたのだけれど、

色は変わらなかった。

 

 

 

 

18世紀のフランス

18世紀のフランス。

 

月明りが路頭を照らしていた。

 

だれかが道に迷っていた。

 

気温は寒くもなく、あたたかい夜だ。

 

風船が宙を舞って流されていた。

 

童話のなかの物語のようだ、と君は言った。

黒い霧のような絵

オフィスでは、

いつものように仕事をだれかがしている。

 

このところ、

雨は少なかったが、今日は雨が降っている。

 

はじめて、なにかを思う。

 

芸術作品の黒い霧のような絵を見て、

呆然としてみる。

 

描いてきたものに疑問をもつのは、

とても珍しいことだ。